超茶寿の会 @Kobe-Chuo

田畑裕哉 on 2011/12/10

Image975.jpg
今日は「超茶寿の会」という、
企業のリーダーや、すでに勇退された人生の大先輩方の集まりに、
ピアノとともにゲストで呼んでいただきました。

会場はパレス神戸で、
会食前のプログラムということもあり、あまり哲学的過ぎる曲ではなく
G線上のアリアから情熱大陸まで、
どこかで聴いたことのある曲ばかり並べてみました。
予定では8曲でしたが、
会食が始まってからもリクエストを2曲いただき、
結果的には10曲を演奏してきました。

超茶寿の会というのは、
茶寿=108歳を過ぎるまで元気に生きることを目標にする、
言わば第一線を退かれた方々の
サークルです。
演奏後、会食に加わらせていただきましたが、
第一線を退かれた…とはいえ、みなさん若々しく、
実年齢を聞いて驚くばかりでした。

まだまだ勉強が必要な演奏ではありますが、
参加者のみなさんに満足していただいたようで、
こちらが楽しんで帰ってきました。
直接感想を言ってくださる方もあり、
こういうのは本当に励みになります。

貴重なステージを、ありがとうございました。


コメントを残す