ヴァイオリンを構える左腕とドラマの外科医

田畑裕哉 on 2015/05/01. Tags: ,

ヴァイオリンを弾くとき、
左手の指を適切な位置で押さえられるようにするためには、
左腕や左ひじの位置取りが重要です。

左ひじはヴァイオリン本体の下にあるのが良いとされています。
あまり棹の真下に来るぐらい
脇を縮めなくてもいいのですが、
脇が拡がりすぎると、左手・指が辛くなります。

ドラマの中で外科医が
手術室に入るシーンで、
手袋を手に装着し、腕を絶妙な高さに挙げて入ってきますが、
その左手の形、左腕・ひじの位置がちょうどいい感じ
です。

しかし、この動作、
ドラマの中だけだそうです。実際の医療現場ではこんなことはやらないそうですね。


コメントを残す