演奏会の広報物に注力する理由

田畑裕哉 on 2016/12/08. Tags: , ,

演奏会での演奏は一瞬で消えるけれど、
チラシやリーフレットは捨てられるまで残ります。

体裁の整った見ていて心地の良いリーフレットは、
お客様へのおもてなしの重要なアイテムであると同時に、
終演後の演奏の記憶を美化すると信じています。
演奏後も演奏(会)の出来を左右し続けるものです。

広報が十分に出来ないにしても、
広報「物」に注力できない演奏会はやめておいた方が良いです。
このあたりが、広報物にある程度の力を割く理由です。
考えてみたら、最近は、
広報物に自分の思いを反映させられる演奏会にしか参加していません(笑)

記念に取っといてもらえるようなもの、あるいは、
もういらないと思って捨てられるときに「そういえばこんなのあったなぁ」と
断捨離の手を止めるようなものが目標です。

ハードル上げてしまいました。。。

12/11、アンサンブル・コパン第29回定期演奏会にぜひご来場ください。お手柔らかに。


コメントを残す