至高の一杯 @Kyoto-Higashiyama

田畑裕哉 on 2017/03/25. Tags: ,

年度末、仕事を溜めているのか溜まっているのか、
気合いを入れる場合のお昼は坦々麺。

器に収まり行儀よく見える雰囲気とは裏腹に、
これでもかというくらいの胡麻の風味、
適切なタイミングで訴えてくる花山椒、
情熱の詰まり方は行儀よいなんてものではない。
それらを十二分に麺に絡め、
チーズのようにコクがあり、かつ、
まろやかなチャーシューとともにいただく。
対して、チンゲンサイのシャキシャキは爽快感。

最後の一滴まで残さずいただく。

ごちそうさまでした。

祇園 虜や
京都市東山区富永町にて。


コメントを残す