バッハをちゃんとやる

田畑裕哉 on 2010/12/18


最近、一人で演奏するときは
トゥリーナをはじめとするスペイン系の作曲家や、
ピアソラの作品を中心に取り組んでいました。

ちょっと奏法を崩したり、
テンポ感を柔軟に取っていたこともあり、
たまにバッハなどバロックをやる場合に困ります。

来年の夏以降は、
バロックや古典派に取り組むことになっているので、
今から準備のために、バッハの作品をやり直したり、
新たに練習したりしようと思います。

ヴィヴァルディ
自身がヴァイオリンを弾いていたこともあり、
比較的弾きやすく感じますが、
バッハの作品は苦手です。
弾きにくいのです。

そもそもバッハには、
お前なんかに演奏されたくないと思われているかもしれませんが、
少なくとも私がバッハ嫌いにならないようにするため、
真剣に取り組みたいと思います。


コメントを残す